あえて歩かせるゲーム

ラグナロクマスターズをやっていて思うのは、本当に「戦闘=素材集め」「クエスト=経験値」と割り切っているゲームであるという点である。

そして、クエストの利便性は恐ろしく「クラシック」なつくりである。

以下の事はできない。
「クエストの複数受領」
「クエストの達成場所からの報告」

つまり、受領地点→遂行地点→報告地点(受領地点)という移動が、必ず必要になるのである。

一言でいえば「クソ悪い利便性」である。

ただ、これは計算された「あえての不便」であると言える気がする。

実はこのゲーム、毎日やることと言えばクエストを回す。そのために歩く。それしかないゲームである。

雑魚狩りなんて、大して意味を持たない。

これでクエストを遠隔報告OKにしたら、本当に何もないゲームになるのである。

また、マップは結構しっかりと作りこまれており、カメラ機能も優秀である。(スマホにものすごい負荷かけるけど)

つまり「歩かせたい」のである。

だからきっと、クエストが便利になることはないだろうし、今のままで良いと思っている。効率は結構良い。

逆に戦闘がぜんぜん無いので、少々その点は不満なような、不満じゃないような・・・どっちなのだろう。

ちなみに、クエストなどで討伐数があるときは、BOT状態で雑魚を倒すのだが、すごい奪い合いになっていることもある。こんなとき殴りアコだと便利である。

「速度増加」のおかげで、有象無象の打撃職を出し抜いて殴ることができるのだ。やっぱり殴りアコ、殴りプリが正しい。

最後に、ツイッターにも乗せたが、このゲームの育成を概念的にわかりやすくまとめたので置いておく。わかりやすいとは言っていない。

あえて歩かせるゲーム」への2件のフィードバック

  1. と見せかけて、このゲーム「おにぎり」をまず使用します。
    次に「傭兵なんたらかんたら」で自分のLv以下のものを10個買います。
    そうすると依頼掲示板が10個すべて一瞬で終わります。
    執事クエストのおかげでおにぎりが枯渇することもないので、これで時短をするのをおすすめします。

    クエストをするのに時間を使うのは本当に時間の無駄なのです・・・。
    基本はそれで亀裂を回してから、10倍を回す放置PTをギルド内なりで募集して回す流れですね。
    放置が面倒ならペットで削るのが出来るため、一日で触る時間が30分でもある程度のことができるようです。

    何というか、結構現代のソシャゲーの流れを汲んでいるというか。
    あまりプレイする時間がなくてもついていけるようにはしてありますね。

    1. おにぎりすごかった・・・教えてくれてありがとう。
      もはや何するゲームなのかが謎だが、経験値が一気に入る爽快感だけは良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。