レイヤー模写という矛盾

2019/02/24

 絵の練習をしていて気づいた。

 2次元のキャラクターの髪型や服装や顔立ちを解釈して、3次元に昇華させ、衣装や髪型を作り、自分自身の体を美しく保ち、雰囲気に合わせたメイクをして、頑張っているコスプレイヤーさんがいる。

 その写真をありがたく拝借して、私は模写をしながらも完全に写実的に描くのではなく、キャライラスト化していくわけである。

 2次元→頑張って3次元→2次元

 この、しいたけ→干しシイタケ→水で戻すみたいなサイクルは不思議だと思ったのだが、干しシイタケの例でいくと、最終的な私のアウトプットが最高なことになってしまうのでちょっと違う気がした。

 ダビングとかjpgで何度も保存して劣化させるとか…そういうイメージだろうか。

 

 ちなみに今日は結構集中力が無くて、ミスが多かった。

 ルーブリックを作っているおかげで、その辺を冷静に振り返れて良い練習法である。
 ツイッターを「ルーブリック」で検索した時に、真面目にルーブリックの効果性などについて語っている先生方に交じって私がいい感じに汚染していて、ちょっとおもしろい。

 授業におけるルーブリックとかの話の中に、いきなり私の水着模写がブチ込まれたりするのである。怖い怖い。

 しかしこのルーブリック。自分で目的意識をもって学習効果を高めようと振り返るには良い。
 教育現場においても、効果だとかなんとか評価がどうとかいろいろ議論があるが、自分の学習を振り返らせる理由として良いと思っている。なので、ルーブリックが評価のためのものだと思い込んで、評価としての価値よりも振り返らせる仕組みとしての価値が高いと思っている。

 そしてその価値を今、世界で一番自分で感じているのが私である。

 今日の
 体のS字ラインを最後まで見落としていた。

昨日の
 スカート以外はまあまあ。

水着の子

 今日は水着グラビア。

 裸に近い人体であれば、一発で線を引いたりできるので、これは毎日のドローイングの成果だと思う。かれこれ77日目。

 昨日のヴァイオレットさんの線がガタガタなのは、逆説的に言えば服の線を取捨選択できていない証拠。

 観察と抽出、取捨選択。このあたりが着衣の課題だろうか。

 ということを考えると、明日の練習は着衣のが良いだろうという結論になる。

 ところで、実に十年以上ぶりに今更な気づきなのだが・・・
 ゴリゴリにまつげ描き込んだアニメ顔の目より、今描いてるような顔のが好きかもしれない。

なんとかガーデン

2019/02/21

 今日は骨格を意識せずに描いてしまった。反省。

 ちゃんと見てないので知らない子なんだが、服が複雑すぎて、そっちに気を取られてしまった。次はもうちょいシンプルな服の子にしよう。

ルーブリック評価

2019/02/20

 真面目にイラストを学び始めて75日目である。
 モニカ欲も去ったので、また練習メインのサイクルに戻る予定である。

 しかしながら、現在やっているクロッキーカフェを使ったジェスチャードローイングだけでは伸び悩みを感じてきた。
 練習に宛てられる時間は平日で長くて2時間。休日でもせいぜい5時間。(いろいろ事情があるのだ・・・)

 ちゃんと描くのもやりたいので、模写も今日から追加した。
 しかし多くは練習できない。

 そこで、学習の効果を高める為に、前職での経験を活かして・・・

 ルーブリックによる自己評価と、振り返りの記載欄を作成した。(完全に学校の先生思考)

 学ぶからには、発見と気づきが無ければいけない。
 しかし、何も基準が無ければ自分の描いたものを客観的に評価することはできない。

 そこで、ルーブリックの出番である。
 自らの絵をルーブリック評価で冷静に見つめ、内省して描いたときの気づきを書き留める。意外と、こうして書き留めてみると、自分の内側から、意識していなかった気づきの言葉が出てくるものである。

 次回にこれを活かして練習したい。

 ちなみに、聖職者キャラが薄れまくっているので、一旦祈っていないが別に祈っても良いのだが、そういう性質のものでもないし…ということで。また次回。

ぽかぽか

2019/02/18

題名:ポカポカなさるモニカ。
副題:モニカ様うしろー!うしろー!

 こんにちは・・・一週間に一度モニカ様をアップするサイトになりつつあるレイホウである。


 一応今回も本編にあるシーンで、モニカ様がポカポカしたシーンである。
 つまるところ、プリンセスガードのユリアンが仕事をおっぽり出してフラフラしてたせいで、鳥系モンスターに掻っ攫われたあのシーンである。

 ロマサガ3の中でも、いろいろひどい目に遭っている主人公である。

 スマホで閲覧されることを考慮に入れた構図である。
 twitterにも書いたのだが、基本的に昔のエロゲ・ギャルゲ文化においては640*480の枠に、より迫力ある構図でキャラをギュっと押し込めることが重視されていた。

 つまり、こんな感じである。

 インテークはあくまでオマケであるが重要である。
 最近、二次絵がどんどん写実的方面に進化していって、見かけることが少なくなっている髪型である。

 ただ、いつの間にかネット視聴の端末がスマホに移り変わって、縦型で見られるようになった結果、pixivなんかでも、最近は横長の絵はあまり見かけなくなりつつある。

 また、ウェブトゥーンに代表されるような、縦読み漫画なんかも量産されている。

 ただ、迫力あるシーンや展開を描くのには向いておらず、バトル漫画などにはどうしても難しいようである。

 この縦読みのウェブトゥーンだが、韓国が本場でLINEコミックでも、邦訳もののウェブトゥーンが非常に多数ある。

 仕事の関係でちょっとウェブトゥーンをいろいろ読み漁っているのだが、びみょーーーに文化の違いというものを感じる。

 マイナスからスタートする傾向が非常に強いのである。
 もちろん、それはそれでストーリーテリングの導入として悪くないのだが、そのマイナスの克服先が、自己実現や自己肯定だったり、夢とか希望とかそういうものではなく、他者との相対的な位置関係なのである。

 つまり、見返してやったり、復讐してやったり…そういう事なのだ。
 (TeenMomはそういう意味では貴重なハートフルな漫画だった)

 好きな言葉ではないが、キャラ同士のマウンティング的な展開がなんだか感情移入しにくく感じられる。

 もちろん、こういうのが好きな人も多いと思うのだが、個人的には若干違和感を感じてしまうところである。

 もうちょっとユルい日常系の縦読みとか増えてくれると良いのだが…。

 

バンガード発進

2019/02/12

バンガード発進である。

 バンガード発進のシーンはロマサガ3でも特に素晴らしいシーンで、こんなアニメーションが可能なのか!?と、驚かされるシーンである。

 意気揚々と海底宮に行ってフォルネウスにブチ殺されるところまでが様式美である。

 

 さて、ロマサガRSはまあまあ人気のようだが、それでもやっぱりプレイしないのである。

 最近、この自分の心理が何なのかわかった。

 「クリアできない」

 これに尽きる。
 基本的に、ロマサガシリーズは今まで幾度となくクリアしてきたゲームで、何度もプレイして思う事がある。これはすべてのRPGに言えるのだが、なんだかんだで序盤~中盤が一番楽しい

 これはソシャゲでも同じで、すっかり飽きてしまったグラブルも、マグナ武器が揃っていく過程くらいが一番面白かった。

 だが、ソシャゲではこれは一回コッキリである。

 この超絶面白い序盤~中盤を何度も楽しめるのが、クリアできるゲームの良いところである。

 そしてクリアというカタルシスも得られる。
 逆にクリアできないとなんかイヤだ。

 そして、自分のペースでプレイしたいのに、期間限定のイベントやらデイリーやらで、運営のペースで遊ばさせられるのがイヤだ。

 というわけで、チマチマロマサガ3をやりつつ、ロマサガ3の絵を描く生活が性に合ってる訳である。

 早くリマスターが出ることを祈るばかりである。


●絵について
作業中:モニカさまがポカポカしているシーン


この先描きたいネタ:
船が無事にツヴァイクまでついてしまった世界のモニカ様
誰でもモニカ様になれるFaceRig用のLive2D

よしよし、あなたはりっぱでしたわ

2019/2/4

 魔王殿で助けに来てくれたモニカ様(ゴン視点)。

 こんな感じで「よしよし、あなたはりっぱでしたわ。毎日、満員電車に揺られて仕事に行って、嫌いな上司にも無茶を言うクライアントにも、勝手に仕様変更を快諾してくる営業にも笑顔で接して、遅くまで残業して…へとへとになって帰ってきて・・・。
 よしよし、よしよし、りっぱでしたわ」

 

 という感じでどうだろうか。

 私の仕事は別に、無茶言うクライアントも仕様変更とかもなければ、営業も居ないんだがな…。

 リユニバースは一切プレイしていないのに、不思議とロマサガの絵を描くモチベーションが高い。結構、ロマサガ3のストーリーには絵になるシーンが多い気がするのだ。

 このよしよし…とか。

 ロマサガのソシャゲについては、いろいろ書きたいこともあるのだが、今日はもう寝るということで・・・また今度。

 

 天の神様
 ロマサガ3に興味を持つ人が増えますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

カタリナ・ラウラン

2019/02/02

 マスカレイドを奪われたカタリナ。

 あの一瞬で今まで守ってきたいろんなものを失ってる。 大切な聖王遺物、主君の信頼、誇り、自分の存在意義、貞操、等々。 生きてマスカレイドを探す旅に出るという選択肢は、死んで詫びるよりも彼女にとって辛かったはず…とか、言ってる割に下衆い絵を描いてしまった。

 さて、過去キャラにコスプレさせてガチャ回させるロマサガRSが、まあまあはやっているようだが、私は自分の好きな過去キャラが、やれ強いだ弱いだ人権だのといった議論に巻き込まれるのも好まないし、サンタコスしたりメイドコスしたりとか望んでないので、いまだにプレイしていない。

 が、なぜかロマサガキャラを描くのが楽しくなって最近量産していたりする。

 さて、件のカタリナ・ラウランである。

 改めて気づいたのだが、不幸レベルが高い主人公である。ロマサガ3の女性主人公は、どういうわけか「エレン以外」基本的に暗いバックボーンを背負っている。

 モニカ様:政略結婚に使われ、その後いろいろあって結婚はしなかったものの、ロアーヌにもすぐには戻れず、ツヴァイクも安心してウロつけない。

 カタリナ:想い人に変装した悪い奴に引っ掛かり、聖王遺物も主君の信頼も自分の貞操もすべて失う可哀そうな子。死んで詫びるより辛い、生きてマスカレイドを探す旅に。

 サラ:存在した時から辛い生い立ち。

 エレン:大して不幸じゃない子。イケてるオジさんと楽しく世界放浪の旅スタート。

 カタリナが辛いのは、なんだかんだいって自業自得である点である。
 秘めたる想いを利用され、変装を見抜けず…。武人一筋でやってきたから色恋をちらつかせるとチョロい。等々…。

 カタリナの幸せのためにも、最終戦には控えメンバーで良いので、ミカエルを連れて行ってあげてほしいところである。

天の神様 カタリナを幸せにするプレイをしてくれる人が増えるよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!