モニカ様がお嬢様である証左

2019/01/15



 なんか突然、モニカ様を描いたので、今日はモニカ様について語ろうと思う。
 ちなみに、説明しないと解らないと思うが、仕込み杖で抜刀ツバメ返しをしたところである。

 仕込み杖は座頭市のものを参照した。

 さて、モニカ様で攻略するうえで、実は大事なことがある。
 それは「ユリアンと駆け落ちしないとポドールイに行けない」である。

 ツヴァイク公の息子への輿入れイベントを選んでしまうと、二度とポドールイに行けなくなるのである。

 一回行ったことあるのに!

 そう思うかもしれないが、モニカ様はお嬢様である。
 そして、ポドールイへ、従者たちに案内されて行ったのである。

 つまり、行く道なんて覚えているわけがないので、これが正しい。

 ユリアンと駆け落ちした場合は、ユリアンが道を覚えているのだろう。
 そう考えると、なかなか細かい、手の込んだ設定である。

 ちなみに私は、「港に船が来てるから見に行こうぜ」と、幼馴染を口説いたら即座に振られて、その直後に現れた超絶麗しいモニカ様に乗り換えようとするユリアン君と駆け落ちするのはイヤなので、基本的に王族としての運命を嘆きながらツヴァイクへと旅立つルートを選んでしまう。

 ちなみに、エレンもエレンで幼馴染を振った直後に現れたイケオジと一緒に世界放浪の旅に出ちゃうあたりさすがである。

 姉としてわがままもいわず、サラのためにいろいろ我慢して生きてきたのだろう。ハリードのような年上の包容力のある男性が良かったのだろう。

 ちなみにサラも、あの中で一番将来性のありそうなトーマス君を見抜いて着いていくあたり、妹力が高い。ちゃっかり美味しいところを持って行っている。

 こうしてみると、結構各キャラクター、その人格を感じさせる動きをとっているのだなぁと、今更ながら感心させられる次第である。

 

 天の神様

 噂によると、リマスター版に新規ダンジョンあるらしいですね。早くプレイさせてほしいです。一刻も早くでも、少しでも高い完成度で出るよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

 

コメント

  1. より:

    おお、お美しい。
    仕込み杖は浪漫がありますね。

    • reihou19 より:

      ありがとう!
      仕込み杖は本当にロマンがある。あれの為に、棍棒は誰かしらに使わせたいところであるな!

タイトルとURLをコピーしました