女三人かしまし旅(仮称

2018/11/17

 なんかやりたくなったので、ロマサガ3を開始した。
 ※注)レイホウさんは10年くらい前に、ROM吸いだす奴を買って自前のROMからイメージを吸いだしているので合法的にプレイしています。ROMイメージのダウンロードは違法なのでやめましょう。

 とりあえずカタリナでスタート。
 なんか色々考えた上で、やや微妙な星で、得意武器「なし」ではじめてみた。武器は小剣/棍棒の予定である。
 パーティメンバーは、カタリナ・タチアナ・モニカを予定しているが、モニカの加入時期が遅いので、最速東方からのツィーリンも検討している。

 とりあえず、タチアナを仲間にして、ピドナ迷子イベントへ。
 序盤最高の難所・・・敵を回避して子供を助けに行く。
 ここでふと思ったのだが、ロマサガのだいご味は「敵の回避」でもある。戦闘を回避して先に進めるのも、このゲームの良い点である。

 カタリナ「これから魔王殿深部へ向かう」
 子供「っっっ!?」
 タチアナ「泣かないで、ほらクマちゃんだよ~」

 

 という会話を妄想しつつ、助け出した子供を連れて、魔王殿のさらなる深部へ。

 第二の難所・・・深部に至るスケルトン系シンボルが隠れている柱のところ。
 久々すぎて、勘が鈍っていて20回くらいロードした・・・。

 指輪を・・・を聞いたら、あとは変えるだけ。子供も、泣かずによく頑張ったものである。いや、泣いてるかもしれない。恐怖でちびって気絶しているかもしれない。

 そして、このルートは、帰りこそが真の地獄なのである。
 往路でいかにきれいに動いたかで、誘導してしまう敵の数が変わるのである。

 玉座を利用して、うまい具合に敵を寄せて、意を決して突っ込み、ため息とともにロードするばかりである。ロード!
 10回くらいした。大事なのは「徒歩」と「ダッシュ」の使い分けである。

 何とか突破・・・。ショートカットルートの敵は倒せないので、実直に歩いて戻る。

 入り口付近は「1.5歩分の通路が多い」ので、結構危険地帯である。
 ちなみに、今の実力ではゴブリンすら倒せるか怪しい。

 タチアナは仲間にした時点では「WP0」であるので、通常攻撃しかできない。
 カタリナも、小剣レベルが低いし、技も無いし、実はこの時点で丸腰である。装備がほぼ無い。

 

 無事に子供を返したら、邪魔者だったトーマス君にお別れ願う。

 そしていざ、指輪回収の旅へ…

 船で一路ヤーマスへ。

  ちなみに、ヤーマス→ランスは、このババアに話しかけると地図に現れるという、古き良きRPGスタイルである。
 町で住民に話しかけて情報を集める。これこそが、RPGの原点ともいえるかもしれない。ターン制の戦闘をRPGと呼ぶきらいのある現代において、RPGとは・・・を思い出させてくれる大事なイベントである。

 ランスで聖王家から指輪をもらったら・・・・ぐっへっへっへっへ。お楽しみイベントである。

 通称・・・指輪転がし。
 王家の指輪 → 売却 2500 → 一旦店内画面に戻り、再度店員に話しかけ、綺麗な指輪購入10 → 一旦店内画面に戻り王家の指輪を再度売却。

 これを繰り返すだけで、あっという間にお金持ち。
 しかも・・・しかもである。ヤーマスのドフォーレ商会という悪い奴らの経営している店なので「心が痛まない!」

 素晴らしい配慮である。

 十分稼いだら・・・世界を色々回って店売り装備を揃える。具体的には「ブリガンティ(打耐性鎧)」「クロースヘルム(打耐性兜)」「ヴァンブレイス」「騎士の盾」である。あとは強い武器。今回は小剣なので、エストックである。

 これらを揃えたら・・・こちら。

 ピコーン!ご存知、魔王殿・巨人道場!

 ここで閃く閃く!アクセルスナイパー、マタドール、インプリズン、マインドステア・・・で、色々やっていて気付いたのだが、カタリナに小剣適性が無かったりする関係で・・・マインドステアからのスクリュードライバーが、ここでは閃けない。

 恐らく、難易度的にライトニングピアスが上限である。
 ちなみに、けっこう粘ってカタリナがライトニングピアスを閃いたわりに、タチアナは初手で閃ている。適正って怖い。

 さて・・・ここからである。
 小剣技というのは、少々クセがあって、ひらめき難易度がけっこう分断されていて、「中レベル帯」が少ないのである。
 ライトニングピアスだけでは、この先不安である。ひらめき難易度的に考えて、理論上・・・30回くらい頑張れば、アラケスでファイアクラッカーを閃けるような気がした。

 どうせ、このあと「アラケスに敗北して帰る」つもりであるので、アラケス戦でちょっと粘ってみた。

 

 頑張る事10回くらい。

 びっくりしすぎてスクリーンショットを取れなかった。
 ファイアクラッカー習得。小剣レベル0・・・というか、プレイ開始から戦闘勝利回数0の完全に町人レベルの強さで、ファイアクラッカーを習得してしまった。

 これでもう、思い起こすことは無い。-人- 合掌。

 

 ひらめき…ファイアクラッカー・・・?うっ、頭が・・・。

 という感じで、魔王殿から追い出されるカタリナ。最強のショートカットである。
 巨人との戦闘&撤退数のカウントで、開発も完了しているはずなので、そろそろ戻るか・・・というところで第一階終わりである。

 

 天の神様
 早めにラバーソウル出ますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました