サイタマサイタマ

2018/08/27

 ショッピングモールで迷彩服が着られるイベントに、共産党が「市民に不安を与える」として中止を要請して、本当に中止されたというニュースが流れた。

 自らの命を賭して国防にあたる人になぜ、敬意を払えないのだろうか。
 軍人にここまで敬意を払わない国はなかなか無い。

 そもそも、彼らは国防を担う、尊敬されるべき人々で、子供たちにとってヒーローであるべき人である。

 そのコスプレができるなんて、最高である。
 警察や消防の服を着られるイベントはあるのに、なぜ迷彩はいけないのだ。

 

 大日本帝国の頃からカウントしてたって、
 日本軍が奪った命<<<越えられない壁<<<共産主義者どもが奪った命
 である。
 スターリンと毛沢東とポル・ポトの合算でどれだけいくだろうか。

 不安な存在はお前らじゃボケ!と、誰かが突っ込んでやるべきである。

 戦争はいけないことだ・・・というのは、あたりまえの認識である。
 だが、戦争は一国の努力で防げるものではない。なぜ共産党は「自国が侵略する戦争しか存在しないかのように」自衛隊を扱うのだろうか。

 不可抗力により、侵略されることもある。
 そんなとき、命を賭して戦って、守ってくれるのが自衛隊なのである。

 もちろん、災害救助だってある。

 

 不可抗力により、家に火がついたときに助けてくれる消防隊。

 不可抗力により、犯罪に巻き込まれたときに助けてくれる警察。

 何の違いがあるのだろうか。

 

 イデオロギーの為に、他者を貶める共産党。
 人を呪わば穴二つ。

 誰からも尊敬されなくなり、誰からも必要とされなくなったコミュニストが活きる道はあるのだろうか。

 せっかくだから、人民服を着て記念撮影できるイベントでも企画したらいかがだろうか。

 

 天の神様
 コミュニスト達にも、マトモな人もいるかもしれませんが、こうした救いきれない一部の者をお救い下さい。父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

コメント

  1. 匿名 より:

    原爆2発でも降伏しなかった日本が、ソ連が襲って来た途端に無条件降伏したのは有名な話。

    • reihou19 より:

      確かに、原爆2発でも降伏はしていないな。
      ただ、鈴木内閣は就任当初から終戦工作担当だったので、タイミング的にそうだっただけにも見えるが・・・

      コミュニストが絡んでいると思うとまた興味深い。

  2. N より:

    共産党の方が迷彩柄の服を着ている写真などがUPされて叩かれている様子もネットにはあがっていますが、主張とは関係なく何かしら姿勢を見せたいということなのでしょうね。

    あの手の方々は話してみると、(私が話をした機会のあった人はですが。)「ああ、仕事でやっているんだな。」というのが主でしたね。
    本気でその……なんというか、想っている、考えている、とは別なのだと。
    そこにお金を出す人がいるからやるのであって、話題になるうちはまだ活動していると認識されるだけそれが結果になっているのです。

    問題がそのお金がどこから出ているものなのか?が不思議な所で。
    辿っていくと、闇が見えそうな気がしますね。

    • reihou19 より:

      ビジネスコミュニストみたいな連中が居るという事であるな。
      そして、そこに出資している者がいる。

      騒ぎのタネは金になるからと考えると、確かに納得いくかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました