引っ越し比較

2018/08/15

 ジョブチェンジに伴って引っ越しをする。

 一括請求サイトを使って、4社に見積もりを依頼した結果、面白い感じに明暗が分かれたので、記載しておきたい。

 

 1:ナニワ引越センター
 メールで怪しいく見積金額を送ってきて、その後、アポ取りの電話がなかなか来ないので、家に来て見積もりまで進まなかった。

 2:アリさんマーク
 ブラック企業で知られるアリさんマーク。
 ややくたびれた感じのオッサンが見積もりにやってくる。かなりサラっとした印象で、見積もりも淡々としていて、シンプル。強引なクロージングもなく好印象。

 金額的にも、今回の4社の下限を一発で出してきている。
 値引き交渉などが面倒くさい陰キャにはオススメの引っ越し会社かもしれない。

 

 3:アート引越センター
 引っ越し大手でありながら、一番最低だった。
 アートの最低ポイント1
 一括請求の後、アポ取りの電話をコールセンターからかけてきて、希望の日時を聞いたくせに、その場で確定できない。調べたうえで、後で電話すると言う。

 ほかの二社はその場で、少し待ち時間があって、すぐに日時確定できたにも関わらず、アートだけがダメであった。アポとりの電話かけてきておいて、その場で確定できない時点でかなりダメ。

 さらに、見積もりが、ほかアリさんの1.8倍相当。
 ウォシュレットのとりはずし、再設置で2万以上とるという素晴らしい金額設定。

 さらに、モバイルプリンタが壊れていて、見積書が出せないということで、私のメールにPDFで送ると言ったのが11時ごろ。現在23時。来ないのかな。

 とにかく、全体的にネームバリューにあぐらをかいた、殿様商売のケがぬぐえない。

 

 4:引っ越しのサカイ
 結論から言うと、サカイに決めた。
 サカイの素敵なところ。見積もりが本当に精密。押入れの奥の箱一個まできちんと確認していく。人によっては面倒に感じるかもしれないが、ここまで正確にやれば、後から追加料金とか言われる心配もないし、ピッタリの容量に収めているんだろうな・・・という、安さに対するエビデンスになる態度である。

 さらに、営業の印象も良く、軽妙なトークでアート引越センターをディスりながら、いろんな割引を適用して、アリさんマーク以下に着地させる見積もりテクニックは、さすが「勉強しまっせ引っ越しのサカイ」である。大阪の商人といった感じである。

 また、アリさんはざっくりとした感じで家をみて、これくらいという金額だが、サカイはエアコンの設置条件やウォシュレットやら、とにかく細かくすべてを明確にして、見積もりを出すという明朗会計なシステムで、数字に信頼がおける。

 安いものに人間は不信感を抱きがちなので、こうした姿勢は加点ポイントである。

 

 

 というわけで、明暗が分かれた。
 それにしても、アート引越センターはなんだったんだろう。良いところが何もなかった・・・。

 

 天の神様
 勉強しまっせの人たちが、いい仕事をしてくれるよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!!!!

コメント

  1. N より:

    私は職業柄、よく引っ越しをするので中々参考になる記事ですね。
    アリさんマークがそこそこ良いのは分かります。
    サカイを選んだというのが意外というか。利用したことがない所だったので耳よりな情報でした。

    ちなみに、ネームバリューのない無名の引っ越し系・荷運び系の会社が沢山あります。
    そして、意外とそうした中小でも良い所が結構あったりします。

    私も最初のうちは洗濯機や冷蔵庫など大型の荷物を考えると引っ越し系を利用していたのですが、そうした時は小さな会社も視野にした方が得になることが多かったですね。ネームバリューがないからこそ、安さ等見積もりで差がないと仕事が入りにくいので顧客確保には真摯・丁寧な所が多かったです。
    (ただし、小さい会社は地方限定だったりします。デメリットはそうした小さい所の会社名を挙げても、利用できるとは限らない…等。小さいなりの手が届かない所はやはりありますね。距離が問題となり、かえって高くなってしまう等。)

    ただ、結局私の場合は荷物の最大数を減らしてしまうのが最適解となってしまいましたね。

    引っ越し系の会社を利用すること自体を選択肢から外し、洗濯機などが取り付けてあるアパートに段ボール4つ内で済む範囲で集配・宅配で動くのが最も経済的ダメージが少ないと…。
    何度も引っ越すからこそであって、早々動くことがないのであれば大きな物も抱える方が利便性があって良いと思うのですが。

    • reihou19 より:

      私も、過去に何度か引っ越しをしている。

      鳩のマークの引越センターは、地元の運送屋をライセンスして行っているタイプなので、当たり外れが大きかった。
      アリさんは、ブラック報道さえなければ、割と良いと思う。
      サカイについては、安心感の作り方が上手に感じられた。ただ、見積もりに時間がかかるので、人によってはそこを嫌いそうである。

      他にも、ベストロジコムとか、運送屋系も経験したが、やっぱり引っ越し専業のところにはかなわない印象だった。
      私は比較的荷物が多いのだが、少ない人だとおそらく、運送屋系のほうが向いているかもしれぬ。

      ちなみに、私も引越するたび、荷物は減りつつあるが、さすがにまだ段ボール数個の境地は先である。

タイトルとURLをコピーしました