一流講師と二流の境界線

2018/06/30

 映像授業について色々調べていて、一つ気づいたことがあるので記載しておきたい。

 良い講師とダメな講師の境界線である。

 

 所謂、カリスマだったり、神だったりと言われる講師はこのように話す。
 「一見難しい問題だけど、この考え方を知っていればホラ!こんなに楽勝!」

 

 つづいて、ダメな講師。
 「いいかー、こういう問題は良く出るからな。このやり方を覚えてないと点が取れなくて後悔するぞ」

 

 この両者の投げかけには、大いに違いがある。
 前者は、簡単な方法の共有のような形をとっている。
 そして同じ目線に立っている。一見難しい問題に見える・・・講師も難しい問題に見えるという言葉であり、そこからコツを知っていれば私も簡単にとけるし、キミたちも簡単に溶ける。という同じレベルを意識させる伝え方である。

 CMなんかで見かける神授業は短くても、前者の方法であることが解る。

 

 しかし後者はどうだろうか。

 こちらは、あるしゅ「マウンティング」である。
 知っている自分は大丈夫だが、知らない無知なお前らは本番で困るんだぞ。

 という・・・知らないという決めつけも含み、自分は知っている側として上から見下ろしている。
 しかも最終的なアプローチも、報酬ではなく、やらないとマイナスという脅しである。

 これでは通じるものも通じない。

 

 しかしながら、世の「先生」という連中を見ていると、後者の多い事多い事。

 こういうヤツに限って、自分の知識とキャリアに謎の自信を持っていて「アンタの授業解りやすくないですよ」という事にも耳を貸さない。

 
 是非、何かを教える人を見かけたら、これを意識して話を聞いてほしい。

 後者で話す授業は、お断りしていくべきである。

 天の巻様

 脅しみたいな授業をする先生が居なくなるよう
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!


教育問題・教育論ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました