世界平和のゲーム

2018/2/18
少しずつWordPressの編集に慣れてきた・・・。
レスポンシブデザインというのを考え始めると、なかなかに苦労が多い。WP歴3日なので、多少デザインが妙なところは勘弁してもらいたい。

さて、表題の世界平和のゲーム・・・と、言ってもワールドピースゲームの事ではない。
こちらのゲームである。

ご存知、碧海航路ことアズールレーンである。

昨年の11月ごろに知り合いに勧められてプレイを始めたのである。なかなか面白い。

さて、アズールレーンの話を出すと、日本艦が敵役であることなどをあげつらって、否定的な意見を放つ偏狭なナショナリスト達も少なくないのだが、そうじゃないと思うのだ。

そもそも、日本人も、中国人も・・・かつて互いに相争った戦争をネタにして、艦船を萌えキャラにして、お互い楽しんでいるなんて、こんな平和なことは無いであろう。

色々な意見はあると思うが、私はこう思う。
とても平和なゲームであろう。

とはいえ、中国版では、日本艦に実際の艦名をつけられないという現実もあるので、まだまだ先の道のりは長いと言える。

最終的には、中国も本来の日本艦の艦名でプレイできるような未来が来ると素晴らしいであろう。
タイマン張ったらマブダチではないが、戦争の歴史を乗り越えて、現在、両国はお互いの国の軍艦を美少女化して、ハァハァシコシコしているわけである。

このアズールレーンというゲーム、なんだかんだで、田中角栄の日中国交正常化のような、結構大きな両国の節目であると思う。
国交正常化から数十年、お互いの国の軍艦にハァハァするという平和な異常化をしておるというわけである。

 

 ちなみに、このゲーム、一つ面白い点がある。
なぜか中国艦が日本艦特効スキルを持っている

他の部分の作りが丁寧なだけに、中国艦のスキルに雑に日本艦特効が入っているのは、逆にほほえましくもある。
他の艦は、史実をもとに、丁寧にスキルが設定されているにも拘わらず、中国艦だけは雑な対日特効。

日本艦の名前が中国版では違っていたり、この雑な対日特効があったり・・・ここらへんから、何やら透けて見えてくる大人の事情というものに目をこらしてみると面白いかもしれない。

他にも、日本艦はなぜか「鬼の角」やら「獣の耳」が生えている。

そういえば、中華思想として、まわりの異民族の名前には、獣の名+貶める意味の言葉という組み合わせはメジャーである。
犬戎とか、北狄とか烏桓とか・・・。

このゲームが平和な萌えゲーに見せかけて、巧妙に日本をディスろうとしているのか・・・
あるいは、これくらいのポーズを見せないといけない共産党的な大人事情があるのか。

もっとも日本は中華思想的な獣や怪異を卑賎なものとする文化を共有しておらんので、「ケモ耳かわいい!ハァハァ」となったり「角可愛い!ハァハァ」となるだけで、基本的に暖簾に腕押しであろうことは、日本鬼子の例からも明白である。
ヤバい民族に見えるかもしれないが・・・
他人をディスるセンスの文化を共有していないというのは、そういう事なのだ。

と、まあ色々書いてきたが、世界平和の素敵なゲームであるので、こんな風に政治的なうがった見方を持ち込むのは野暮であろう。
そもそも、中国版でも、日本艦の名前が違うのは不評であるようなので、完全に大人の事情と言えるであろう。

まあまあ面白いゲームであるので、何か自分の心の中にある偏狭なナショナリズム的な何かが邪魔してプレイできないでいたキミも!そこのネトウヨのキミも!ホンマもんの街宣右翼のキミも!プレイしてみると良いであろう。

天の神様、最近レベルが上がりきってヒマになってきていて、実はあまりプレイしておりません。
皆に勧めておいて実は最近プレイのモチベが落ちている私をお許しください。

ついでに、共産党的な事情でヘンテコになっている設定も、お許しください。

父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

えいめん!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました