殴りプリが最適解の世界

ハイプリになった。
日記的にはプリーストすっとばしているのだが、ハイプリになった。

そして、デモンベインをレベル10にして、色々ブン殴って楽しんでいたのだが・・・好奇心に負けて

商人になった。

ハイプリ転職がトリガーで、他職への転職が解禁されるのである。
ついでに全財産をはたいて、D級冒険者になったので、ネコを4匹雇用してみた。

ベースレベルはそのまま、ジョブが0で他職スタートなので、やりすぎるとベースレベルのわりにスキルが貧弱な可哀そうな子になってしまうのが欠点であるが・・・

心配は無用!

殴りハイプリに必要なハイプリスキルは、デモンベイン10、(欲を言えばアスム&LD)

なので、殴りハイプリは必要なスキルPがそこまで多くないので、浮気してもOK!ということで、ネコ4匹&ペット&ホムンクルスの大集団でボコるのをやってみたくて商人になって、ネコを4匹雇用した。

ちょっと気が早かった・・・。

ホムはもうちょい先になりそうである。

ちなみに、アルケミにした理由はほかにもあって、武器の互換性である。現在愛用の武器は「裏切者」というクエスト装備の鈍器である。

これは2つめを手に入れられない(はず)。だから、互換性のある商人職にしたのである。

最近、少々懸念がある。

ラグマスの市場についてである。
取引所の流通量が必ずしも高いとは言えないのである。ゼニーの生産量に対して、消費量がでかすぎるため、可処分所得のあるプレイヤーがそこまで多くない。

高額の素材もあって狩場として人気だが、やってみればすぐに気づく。素材を何百個も集めても、売りさばくのに時間がかかる。

取引所の機能として、需給に対応して自動的に価格が決定するとしているが、明らかに高い

売れないので、狩場で稼いでも現金化が難しい。必要なアイテムラインナップ次第では自給自足してしまったほうがマシなケースすらある。

値段をかなり下支えしているような格好である。
株取引とかで言うと、売り板が非常に厚くて買い板がスカスカの状態なのだが、システムによって値段を底支えしているので決壊する事は無い。

となると、ここから市場はどうなっていくだろうか。

売れないアイテム価格は緩やかにだが下落していっている。これは売れなければ値段が下がるシステムだからである。

この緩やかな下降をしていったとき、どこかで均衡価格に至って、徐々に売れるようになっていくだろうか。
あるラインで売れ始めると、売っている人々にも現金が回っていって、市場が回りだす可能性はある。

しばらく、狩場の収集品についてはデフレーションの傾向を示すだろうが、一部の高額アイテムは課金ユーザー(10Mzをいくつも買う人)によって購入されていくので、高騰傾向にある。

長い目で見れば理屈はそうだが、現実は違う。

多くのユーザーはゼニーを手に入れられないので、ゲームの面白みをあまり感じることができなくなってくる。狩りという努力に対する報酬が機能しなければ、プレイするための報酬系の動機づけができなくなってしまう。

売れるようにすることは急務である。

経済が回るだけのキャッシュフローをゲーム内で作っていけるように、ある程度の緩和的な姿勢をだしていく必要がある気がする。

天の神様
なんかものの値段とかが国家で一元管理されてて、共産主義っぽいディストピア感が素敵ですね!

改善されるよう祈っております。えいめん!



撮影ゲームの日々

なんか、カメラ持って撮影して回るホラーゲームってあったよね。

さて、それはそうとラグマスである。
レベル上げを一時中断して、世界放浪の旅へと旅立ってしまったのである。

今ならまだ危険なところも安全に行ける!

そうと決まればますはグラストヘイム!こんにちは深淵!
そのランスはいったいどこから生えてるの?

データルサウルスも子犬のようなものよ!

ストラウフジジイ!MVP昇進おめでとう!

実は当初、名所の撮影をしたつもりが「ドッペルゲンガーのモンスター詳細」とかポップアップして紛れ込んでたことに気づき、改めて記念撮影したドッペルゲンガー。影の薄い奴である。

マヤーーーーー!キミのカードって、iOSでも許されるのかい?

ドレイク船長。その鳥すごく雑な感じであるな!

たまたま出会ったミュータントドラゴノイド!キミけっこうドラゴンマップの中では浮いてる存在だゾ!

何度撮影してもモンスター詳細が登録されない魔剣くん。相変わらずの見事なガニ股である。


ちょっと使役してる風アングルのオークロード。

とまあ、さんざん世界放浪の旅をして、名所もたくさん写真に収めた。
ノーヒントで名所を探し回り、カメラを向けたときに実際にカメラマークが出ていた時の喜びと言ったらもう!最高であるな。

カメラマンの醍醐味である。あれ・・・アコライトだったような・・・うっ頭が・・・。

ちなみに冒険レベルが16まで上がった。
E級になろうと思ったが、スモーキーをシバき倒すクエストがダルすぎて断念した。

30分に1回しか沸かない敵のドロップを2個集めろとか、狂気的である。

こういう狂気的なクリア条件のクエストをぶち込んできて、人工的にボトルネックを作って育成を渋滞させるあたり、ラグナロクっぽくて好きである。

まだまだ名所は残っているし話してないNPCも多いが、そろそろレベル上げて殴りプリにならねばと思い始めた次第である。

でも、どんな危ないところもズカズカいけるのを失うのはもったいなくて・・・複雑である。

それにしても良いゲームだ。
名所観光とカメラ撮影のシステムが素晴らしいの一言に尽きる。

いろんなところを撮影して回りたい・・・もっと。

天の神様
カメラマンとして大成を目指します!お見守りください!

フェイヨンは素手でいくのがマナーです (byマナー講師)

やはり、ブラブラ旅するのがラグナロクの良いところだろうと思って、フェイヨンにやってきた。

心配になるくらい人が居ない。

ちなみに、プレイ日記的に非常に厳しいのが、ラグナロクマスターズは喋りながらSSを撮るのが極めて大変なのである。だから全部無言である。

道中のムナックたんはスルーして、頭に杭がブっ刺さっているソヒーのところへ。

カメラ使用時にエモーションを使えることがわかって、適当に選んだら、なんかろくろをこねるポーズになった。

かっこいいインタビュー風のしゃべりSSでも撮る用だろうか。

とりあえず目的は達したので、ソヒーを殴って死に戻りを・・・と


あれ?・・・

勝利!

ソヒーに殴り勝ってしまった。
自動回復がかなり強くて、割と余裕を残して勝ってしまった。

このままではいかんので、ボンゴンにケンカを売って棒立ちしてみたのだが、やはり自動回復が強くて死ぬのに時間がかかってしまった。

たぶん20デニールくらいの黒ストをはいていることが判明した。

ROではプリーストが死んだときに思いっきり白いパンツが見えていて、それが見えても大丈夫な黒パンに変わったという、ある意味変態的なアップデートがあったのを思い出した。

ドット絵に発情するやつなんておらんよ・・・たぶん、しょうがないにゃぁ。

天の神様、明日はアルベルタまでいってみます。待っててください!えいめん!

おにぎりゲー

ラグナロクマスターズ3日目。

コメント欄で「おにぎり」の存在を教えてもらう。
これを消費して、いろんなデイリー系のミッションを「終わったことにしてもらえる」素晴らしいアイテムだった。

数クリックでクエストが一気に終わる爽快感はなかなかである。

今のところ、このゲームの認識として

「毎日、クエストを収穫する」
「素材が欲しかったら放置でBOT的な狩りをさせる」

である。

そもそもクエストに縛られて出歩いていなかったので、明日あたりフェイヨンまで徒歩で旅してみようと思う。

やはりブラブラ歩いてこそのラグナロクであるからな!

天の神様 道中無事でありますよう・・・えいめん!

あえて歩かせるゲーム

ラグナロクマスターズをやっていて思うのは、本当に「戦闘=素材集め」「クエスト=経験値」と割り切っているゲームであるという点である。

そして、クエストの利便性は恐ろしく「クラシック」なつくりである。

以下の事はできない。
「クエストの複数受領」
「クエストの達成場所からの報告」

つまり、受領地点→遂行地点→報告地点(受領地点)という移動が、必ず必要になるのである。

一言でいえば「クソ悪い利便性」である。

ただ、これは計算された「あえての不便」であると言える気がする。

実はこのゲーム、毎日やることと言えばクエストを回す。そのために歩く。それしかないゲームである。

雑魚狩りなんて、大して意味を持たない。

これでクエストを遠隔報告OKにしたら、本当に何もないゲームになるのである。

また、マップは結構しっかりと作りこまれており、カメラ機能も優秀である。(スマホにものすごい負荷かけるけど)

つまり「歩かせたい」のである。

だからきっと、クエストが便利になることはないだろうし、今のままで良いと思っている。効率は結構良い。

逆に戦闘がぜんぜん無いので、少々その点は不満なような、不満じゃないような・・・どっちなのだろう。

ちなみに、クエストなどで討伐数があるときは、BOT状態で雑魚を倒すのだが、すごい奪い合いになっていることもある。こんなとき殴りアコだと便利である。

「速度増加」のおかげで、有象無象の打撃職を出し抜いて殴ることができるのだ。やっぱり殴りアコ、殴りプリが正しい。

最後に、ツイッターにも乗せたが、このゲームの育成を概念的にわかりやすくまとめたので置いておく。わかりやすいとは言っていない。

プリーストはSTR型じゃないと後悔するって本当!?ラグナロクの聖職者の正しいステ振りを詳細解説

選択肢は2通りしかない

ラグナロクの聖職者において、ステ振りは2パターンしかないというのは常識だが、意外と勘違いしてintに振っている人も多いので解説していきたい。

基本はSTR/AGI型であるが、STR/VITも悪くない。

この2パターンが王道の聖職者である。

聖職者の王道ステ振りstr/agi

 

 

プリーストはSTR殴りが王道

アコライト時代を経て、二次転職を考えると、選択肢はやはりプリーストしかないというのは周知のとおりである。

この時、若干INTに振っても良いが、基本的にはSTR/AGIで殲滅力を確保していくのが良いだろう。

 

王道の殴りプリーストの素晴らしい点

殴りプリーストが素晴らしいのは周知のとおりで、打撃がお勧めされているのはアコライト系列の基本装備として棍棒が杖より先にきている事からも明らかである。

まず、王道殴りプリーストの素晴らしい点を紹介していこう。
・パーティが要らない:回復、支援、打撃、すべて一人でできるのだからパーティなど不要である。友達も知り合いも必要ない。ソロの鬼。

・世界標準:プリーストが棍棒でブン殴るのは世界標準である。洋ゲーでもよく見かける光景だと思う。

・強い:単純に強い。そう、最強なのだ。殴りプリーストが強い事に説明はいらない。世界的な常識なので、説明はいらない。強いったら強いんだから

・回復に呼ばれない:支援プリをしていると、知り合いからパーティでヒーラーが足りないときに呼ばれて、たいして気分でもなかったのに、セコセコと小間使いのように回復に支援にと駆け回らなければならないときがある。
殴りプリをしていれば、絶対に呼ばれないので安心である。

個人的にはヒーラーとして仲間の生殺与奪の権を握りしめて、気分次第で気まぐれに仲間を見殺しにして「ごめんなさい一瞬寝落ちしてましたTxT」とか言うのも好きだったのだが、こういうのは倫理上良くない!

健全な精神は健全な肉体に宿る!そう、殴りプリだ。

 

まとめ

・殴りプリが最強
・ラグマスでもプリーストのステータス振りはstr/agiが鉄板!
・無駄にSEO頑張ってる系アフィブログみたいな書き方してみた。
・天の神様 殴りプリが増えますように。えいめん!



ラグマスを始めた

ラグナロクマスターズを初めてみた。

当たり前だが、STR/AGIアコライトである。これはラグナロクの世界の常識である。

ちなみに、どんなゲームかというと

ストーリー「お使いクエストをタップしつづけるゲーム」
戦闘「BOTと化した自らのキャラを眺め続けるゲーム」

序盤でロッカー100匹倒せとかいう狂気の沙汰のクエストがあるが、放置である。ロッカーを自動で殴る設定にして放置である。

一つ言えるのは・・・なんか妙に殺伐としている。
殺伐というと語弊がある感じで・・・なんか、せわしない。

トップの写真は、そんなせわしなさに対して、せめてもの抵抗とばかりに狩場で座ってみた図である。

せわしなさの根源は、皆がBOT的な設定で戦い続けているせいもある。そして、開始地点はみんなプロンテラで、お使いクエストに乗って移動して、戦闘し続けているからである。

懐かしいし、可愛いのだが、面白いのかどうか、イマイチ判然としないところである。

眺めている時間が異常に長いので、PC用を早めに出してもらって、家にいるときはPCの画面の片隅に起動されてて、片手間にやるみたいなプレイスタイルが実現できると良いのだが・・・。

まだ底が見えないし、もうちょい続けても良いだろう。

天の神様、なんかもうちょっとマシな感じになると良いですね。えいめん!

エレン・カーソン

2019/3/18


最近知ったのだが「ハリエレ」なる世界があるらしい。
早い話が「ハリード×エレン」である。まあ、彼らはデキてる感満載なので、そのような妄想がはかどるのも無理からぬことである。

ちなみに「主従」というのもあって、これはシャール×ミューズ。

トムサラというのは、トーマス×サラである。

ロマサガでは、割とノマカプでの創作がまあまあ活発であることが分かってきた・・・主に女性の間で。

実はロマサガの女性人気を知らなかった。
まあイラストの小林先生は女性向け作品を得意としている方なので、ある意味当然といえるかもしれない。

ロマサガRSがはやっている割に気になることがある。
それは二次創作の盛り上がりの少なさである。

pixivを見てみると、FGOやグラブルの絵は次々とアップされて、日々アップされる絵の中でもかなりの割合を占めている。

しかしながらロマサガはどうだ!

試しに「モニカ・アウスバッハ」タグを検索してみてほしい。
ものすごい勢いで最近、私ばっかり投稿してるから

というわけで、さっぱり盛り上がっていないわけである。

つまるところ、ロマサガをプレイしていた当時のゲーマーは、割と絵描きにならずにゲーマー人生なりリア充人生なりを歩んでいった可能性が高いというわけである。

そして、元のコンテンツにキャラ絵が小林先生の絵しかないので、最近の若い子が二次創作をするにあたっての「エモくてエロい原作」が無いのである。

私はRSでもうちょいロマサガ絵が盛り上がることを期待していたのだが、なんだかちょっとガッカリである。

そしてやっぱりRSはプレイしていないのであった。
意地で立ち退き反対している人みたいになっておるが、そういうのではなくて、単純にソシャゲがあまり好きじゃないというのが最大の理由である。

RPGは序盤~中盤が大好きなのである。最高に楽しい。
だからセーブもできず、繰り返しプレイもできないソシャゲは私の好みにあっていなかったりするのである。

早くリマスター・・・リマスターーーーー!

延期

2018/03/10

 ショックだ・・・ショックで寝込むレベル でショックだ。

 ロマサガ3が延期されるなんて。
 ロマサガRSとの競合を恐れたんじゃないかと勘繰ってしまう。


 もうね、私の中のモニカ様はいつでもお兄様に叛乱を伝えに行く途中で慣れない山道で遭難してシノンの村に助けを求めに行く準備はできていたのに!

 まあ、それはそうと、ロマサガRSは全くプレイしていないのだが、改めて考えてみると、私はゲームとストーリーと自由度に強く惹きつけられている事が分かった。

 確かに、戦闘も良いゲームだが、何度も言っているが閃きも所詮は後半になれば陳腐化するわけで、戦闘も工夫できる余地が多いというだけで、そこまで差別化できているわけでもない。

 そういう意味で、戦闘が信じられないくらい短調なスカイリムも楽しんでプレイできるわけである。何度も何度も。

 逆に、fallout4は、世界観があまり好みじゃなくてあまり長続きしなかった。やっぱりファンタジーが好きかもしれない。

 ちなみに、ソシャゲは基本的に苦手で、何度もリセットしてマグレでギリギリ勝って突破する事に価値のあるゲームをプレイしたいと思っている。

 だから、勝てると解ってる敵を、何度も倒すなんて、バカバカしくてやっていられない。グラブルをプレイしているのも(ほとんどしてないけど)、ストーリーを追うのが面白いのと、なんといっても伝家の宝刀「リロード」があるお陰である。

 実は、グラブルは「アプリゲーの皮をかぶったブラウザゲー」なので、リロードできるのである。攻撃ボタンを押したらリロードすれば、攻撃は全て行われた状態で次のターンになっている。

 これのおかげで、倒せると解っている敵を何度も倒す手間が若干緩和されているので、我慢できている。(それでも我慢ならないときが多いが)

 なにはともあれ、早く発売されてほしいものである。

 

 

レイヤー模写という矛盾

2019/02/24

 絵の練習をしていて気づいた。

 2次元のキャラクターの髪型や服装や顔立ちを解釈して、3次元に昇華させ、衣装や髪型を作り、自分自身の体を美しく保ち、雰囲気に合わせたメイクをして、頑張っているコスプレイヤーさんがいる。

 その写真をありがたく拝借して、私は模写をしながらも完全に写実的に描くのではなく、キャライラスト化していくわけである。

 2次元→頑張って3次元→2次元

 この、しいたけ→干しシイタケ→水で戻すみたいなサイクルは不思議だと思ったのだが、干しシイタケの例でいくと、最終的な私のアウトプットが最高なことになってしまうのでちょっと違う気がした。

 ダビングとかjpgで何度も保存して劣化させるとか…そういうイメージだろうか。

 

 ちなみに今日は結構集中力が無くて、ミスが多かった。

 ルーブリックを作っているおかげで、その辺を冷静に振り返れて良い練習法である。
 ツイッターを「ルーブリック」で検索した時に、真面目にルーブリックの効果性などについて語っている先生方に交じって私がいい感じに汚染していて、ちょっとおもしろい。

 授業におけるルーブリックとかの話の中に、いきなり私の水着模写がブチ込まれたりするのである。怖い怖い。

 しかしこのルーブリック。自分で目的意識をもって学習効果を高めようと振り返るには良い。
 教育現場においても、効果だとかなんとか評価がどうとかいろいろ議論があるが、自分の学習を振り返らせる理由として良いと思っている。なので、ルーブリックが評価のためのものだと思い込んで、評価としての価値よりも振り返らせる仕組みとしての価値が高いと思っている。

 そしてその価値を今、世界で一番自分で感じているのが私である。

 今日の
 体のS字ラインを最後まで見落としていた。

昨日の
 スカート以外はまあまあ。